幼稚園教諭免許状・保育士資格取得特例講座

幼稚園教諭免許状・保育士資格取得特例制度とは

認定こども園法の改正により、平成 27 年度から「幼保連携型認定こども園」が創設され、幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方を有する「保育教諭」が位置づけられました。これに伴い、厚生労働省と文部科学省では、保育士資格を持たない幼稚園教諭 (実務経験の条件あり) または幼稚園教諭免許状を持たない保育士(実務経験の条件あり)が、一定の単位を修得するだけで保育士資格または幼稚園教諭免許状が取得できるよう、平成 31 年度 (予定) まで特例措置をとりました。