大学案内

学長あいさつ

学長からあなたへ

大阪健康福祉短期大学 保育・幼児教育学科 松江キャンパス へようこそ。

みなさんは、どんな思いで保育園、幼稚園の先生になろうと思われましたか。子どもの時大好きだった保育園の先生、幼稚園の先生みたいになりたい、子どもに関わる仕事がしたいと思われて選ばれた方も多いでしょう。では、あなたはなぜその先生が大好きだったのでしょうか。あなたの親御さんは、あなたが大好きだった先生をどのように思われていたのでしょうか。私は、この二つの目線を忘れずに、日々考えながら、この大学でしっかり学んでいただきたいと思います。

この大学は、もともとは大阪の保育 (や介護の) 現場で働く方々の「保護者と子どもたちの願いに応えられる保育士 (利用者と家族の願いに応えられる介護福祉士) を自分たちの手で育てたい」という思いを集めて出来上がりました。みなさんには、その熱い思いを受けとめ、子どもの健やかな育ちを支える保育とは何か、子どもの思い、親の願いに応えられる保育とは何かを考えられる専門家になっていただきたいと思います。私は、みなさんがここで学んでよかったときっと思えるように、みなさんと教職員との思いを共有し、努力して行きたいと思います。

ローマは 1 日にして成らず。本学での学びを通して、日々のささやかな努力が自分を変え、人を変えていくということを実感していただきたいと思います。人間は、自分で生まれることを選ぶことはできません。生まれてきた子どもたちが健やかに育ち、生まれてきて良かったと思えるようにサポートする保育者の仕事は、現在の日本ではとても重要な役割を担っています。

大学を卒業すると、この分野に携わる方々との多くの出会いがあり、教育保育のプロフェッショナルとしてそうした人たちと連携することが求められます。本学は、皆さんが卒業して後も、皆さんを後押しする存在でありたいと願っています。また、卒業して必ずしもこの分野に携わらなくとも、共に生きる人間として共感し、母校としてみなさんをサポートできる存在でありたいと願っています。


大阪健康福祉短期大学
学長 眞鍋 穰

教育理念

  1. 本学は、健康と社会福祉の研究と教育の分野での他の高等教育機関と提携し、社会的に開放し、国際交流をはかる。
  2. 本学は、地域と結びつき、地域住民の社会的要請に応えるような、高等教育機関として健康と社会福祉の研究をおこない、その中でも実践的な研究を重視する。
  3. 本学は、健康と社会福祉の研究とその担い手の養成をつうじて社会の民主主義の発展に寄与する。

沿革

1997 年 広瀬町立島根総合福祉専門学校の開校
広瀬町は、1996 年から高校生の進路調査・福祉人材の需要調査など研究を重ね、1 学年 35 人の介護福祉士養成施設の設立に踏み切り、4 月全国 3 番目の町立専門学校「広瀬町立島根総合福祉専門学校」を開校した。
大阪総合福祉専門学校を立ち上げ、学校運営のノウハウを蓄積してきた社会福祉法人あおば福祉会から事務長を招き、少人数の行き届いた教育をスローガンに、地域とともに育つ学校づくりを教育理念におき、大阪総合福祉専門学校と姉妹校関係を結んだ。
2001 年 学校法人広瀬学園の設立
めまぐるしく進化する社会情勢に的確に対応し、これまで以上に地域社会に有為な福祉人材を育成するために、学校運営を町立から法人に切りかえる。広瀬町長を法人理事長に迎え、町の支援体制はそのままに、さらに魅力的な学校づくりにむかってスタートする。
2002 年 学校法人みどり学園「大阪健康福祉短期大学」開学
大阪総合福祉専門学校介護福祉科の伝統を受けついで、「介護福祉学科 I 部・II 部」を開設。
(2012 年 3 月をもって介護福祉学科 II 部を閉科)
2004 年 島根県で 2 校目、民間養成校としては初めての保育士養成科「児童福祉科」を開設
時代が求める子育て支援のマンパワー「保育士」の養成を行う「児童福祉科」を開設。広いライフステージを対象とした福祉人材育成の体制が整う。
2006 年 大阪健康福祉短期大学 子ども福祉学科開設
大阪総合福祉専門学校児童福祉科の伝統を受けついで、保育士養成のための「子ども福祉学科」を開設。新校舎 (3 号館) が完成。
2007 年 大阪健康福祉短期大学子ども福祉学科に幼稚園教諭教職課程開設

島根総合福祉専門学校児童福祉科に幼稚園教諭免許教育連携コース発足
保育士国家資格とともに時代が求める幼稚園教諭免許の取得を可能にした。
2016 年 島根総合福祉専門学校児童福祉科 松江学園南キャンパスを開校
12 年間の安来市を中心とした保育のネットワークを基盤に、2018 年問題に対応可能な地域貢献の在り方を検討した結果、松江市に授業拠点を新設。広い入学ニーズに応えることが可能になる。
2018 年 学校法人みどり学園 大阪健康福祉短期大学 保育・幼児教育学科開設
保育ニーズに対応できる保育士、幼稚園教諭の育成と地元定着を目的に、学校法人みどり学園大阪健康福祉短期大学が、島根県唯一の私立短期大学新学科として保育・幼児教育学科を開設。地域の保育力を高める実践がスタートした。
2019年 松江学園南キャンパスから現在の松江キャンパスへ移転
2020年 学校法人みどり学園大阪健康福祉短期大学保育・幼児教育学科 介護福祉課程新設(予定)※指定申請書提出中(2019年11月現在)

大阪健康福祉短期大学の「3つのポリシー」

大阪健康福祉短期大学は建学の精神と教育理念に基づき、以下の 3 つのポリシーを示します。

【保育・幼児教育学科】

保育・幼児教育学科ディプロマ・ポリシー (卒業認定・学位授与の方針) について
保育・幼児教育学科では、保育と幼児教育を中心に、子育てにかかわる社会福祉の充実に貢献できる人材の育成を教育目標としています。学習を通して以下の目標を達成し、必要とされる授業科目を含め 62 単位以上を習得したものに対して短期大学士の学位 (保育学・教育学) を与えます。
  1. 子どもの育ちを支える人となる
    • 専門的知識に基づき、子どもの最善の利益を尊重することができる
    • 専門的知識と技能の下に、子どもの発達を保障することができる
    • 保育者として子どもの豊かな心を育む
  2. 保護者の子育てを支える人となる
    • 子どもと保護者の状況を理解することができる
    • 保護者とより良い関係をつくりながら子育てを支える
  3. 子どもと子育てにやさしい社会をつくる人となる
    • 社会の仕組みを理解する
    • 社会のあり方について考える・実践する
  4. 豊かな人間性・倫理性・共同性をもつ人となる
    • 社会人としての知識・教養やコミュニケーションと人間性、科学的・論理的に考え、表現する力を身につける
    • 文化・芸術・人間性・感性と表現力を身につける
保育・幼児教育学科カリキュラム・ポリシー (教育課程の編成の方針) について
保育・幼児教育学科のカリキュラム (教育課程) は、上記のディプロマ・ポリシーを実現するために、特に以下のような方針のもとに編成されています。
  1. 「子どもの育ちを支える」ために必要な力を身につける
    • 保育や子どもの発達に関する基礎的な技能・知識に関する科目を、(保育実習の配当時期と連関させて) 実習前に学ぶもの、実習を踏まえて深める内容を吟味して配置する
    • 講義・演習科目で得た知識・技能を実習及びゼミで実践的に深めることを重視する
  2. 「保護者の子育てを支える」ために必要な力を身につける
    • 「子ども」「子育て」に関する知識を土台として、さらに保護者を支援できる技術・態度を学ぶ
    • 少人数での演習、グループワーク、フィールドワーク等実践的な学びにつながる内容を重視する
  3. 「子どもと子育てにやさしい社会をつくる」ために必要な力を身につける
    • 福祉・教育に関する知識・人権や子どもの権利について学ぶことで、社会の成り立ちについて理解し、考える力を養う
  4. 人間性・倫理性・共同性を育てる
    • 社会人としての知識・教養を身につけ、表現する力を養うための科目を配置する
    • 初年次には人権を尊重する態度や福祉にかかわるものの倫理性について学ぶ科目を配置し、卒業年次にはそれを総合させ、深める科目を配置する
    • 様々な科目の中で、成果発表や共同学習の機会を取り入れ、それらの取り組みを通して、企画・発表する力と他者と共同する態度を育てる
保育・幼児教育学科アドミッション・ポリシー (本学の入学者受入れ方針) について
本学では、保育士国家資格・幼稚園教諭二種免許状の取得を目指します。本学の教育理念を理解し、学修を通して以下の目標を達成しようとする意欲のある学生を求めています。
  1. 子どもが好き、人間が好きで、いろいろな人とかかわりたい。
  2. 誰かのために、自分を生かしたい。あてにされる自分を発見したい。
  3. 人間のくらしや社会に関心があり、さらに理解を深めたい。
  4. いろいろな人と力を合わせて、子どもと一緒に自分も成長したい。
上記の目標に向かい、入学前の自分の生活や経験について振り返り、他者にそのことを伝える努力ができる学生を求めています。また、入学予定者には入学前教育に参加し、学修の準備を行うことを求めます。さらに入学後には、目標達成のための努力を惜しまない学生を求めます。
入学選抜においては、自分の経験を振り返り、そこでの学びを伝える力について面接を中心に評価を行います。受験形態によっては小論文・国語も実施し、多様な学生の受け入れを目指します。