学生生活

お問い合わせ
資料請求

[2022-06-10] 新入生歓迎会・地域奉仕活動

 学生協議会執行部の学生が中心となって、新入生歓迎会・地域奉仕活動を企画し、先日、無事行うことができました。!(^^)!
 1・2年生と教職員が参加し、ゼミ単位のグループに分かれ、新入生歓迎会(学内でのレクリエーション)と大学周辺や朝酌川周辺、菅田公園のゴミ拾い等の奉仕活動を行いました。
 まず、学内での宝探しのレクリエーションでは、参加者同士の自己紹介や学校生活のあれこれを話す時間もあり、参加した1・2年生や教職員との交流も深まったのではないでしょうか。
 そして、地域奉仕活動では、大学も含め、日頃お世話になっている地域への感謝を込めてゴミ拾い等を行うことができました。('◇')ゞ
 
 新入生の大学生活が始まって2ヶ月足らずが経ちましたが、交流会を通して大学生活ってどんな感じだろう?といった授業の不安や悩みなどもみんなと一緒に楽しみながら解決する一助になれたら嬉しいです!

 これからも学生協議会執行部では、色々な企画を考えていこうと思います。

 お楽しみに~!(*´ω`*)

[2022-06-09] 「学生相談室だより(2022年 No,2)」が発行されました!

「学生相談室だより(2022年 No,2)」が発行されました!(^^)!

新年度になって新しくカウンセラーの執行三佳(しぎょう・みか)さんが来られました!
執行さんは、これまで、主に小中高のスクールカウンセラーや大学での学生相談員など教育の場でのカウンセリングをしてきました。他、精神科や心療内科でのカウンセラーや、乳幼児健診での育児相談担当もしていた時期がある方です!
学生のみなさんがより充実した学生生活を送るためのお手伝いをするところですので、どうぞお気軽にご相談くださいね。('◇')ゞ

学生相談室はどんなところ?

学生相談室では、みなさんの悩みや気がかりなことや心の健康に関することなどについて一緒に考え、よりよい学生生活が送れるよう、また人としての成長ができるよう、お手伝いをするところです。

相談に来られたことやその内容についての秘密は守られます。ご家族やゼミの先生に対しても、みなさんの許可なく連絡を取ることはしませんので、安心してお話しいただけます。

  • 「学生相談室だより(2022年No.2)」、「学生相談室」について、詳しくはこちらからご覧いただけます♪

[2022-06-01] 海士町福祉体験交流事業ガイダンスを開催しました!

 本学は、海士町と福祉人材確保の協定を結び、島の福祉を体験する福祉交流を実施しています。昨年と1昨年は、新型コロナウィルス感染防止のため、保育園での1日保育体験ができなかったので本学科の学生は、参加できませんでした。

 今年度は今のところ、感染予防対策を徹底して行い、8月4日(木)から6日(土)に実施する予定です。

 
 そこで、5月19日に海士町の担当者の方による、この事業のガイダンスをオンラインで行いました。

 学生は、海士町の自然や出合う人たちとの交流を思い浮かべながら熱心に説明を聞いていました。

 コロナ禍の中ではありますがこの事業が実施できて、希望する学生が島の子どもたちの保育や海士町の人たちとの交流を経験できるよう祈っているところです。


[2022-05-25] カモさん、どちらへ?

朝、松江キャンパスにカモが歩いているではありませんか!
すかさずパシャリ★と写真を撮りました。

キャンパス内をいろいろと散歩している様子です。カワ(・∀・)イイ!!

朝から癒された出来事でした。( *´艸`)

[2022-05-23] 授業紹介♪「障がい児保育Ⅱ」

皆さん、こんにちは!今回の授業紹介は、「障がい児保育Ⅱ」です。\(^o^)/

この日の授業では、軍手や白杖を使って、「障がい」の疑似体験を行いました。

 まず、軍手を2枚重ね、お金に見立てた白紙やおはじきを数えたり、折り紙で鶴を折ったりました。これは、山形県「知的・発達障害の理解啓発キャラバン隊」としてご活躍の「花笠ほーぷ隊」のみなさんから教わった手法です。

 そして、次にアイマスクで視覚を遮り、構内にある噴水までの道のりを歩きました。僅かな時間でありましたが、学生は五感を使えない感覚や不自由さ、他者と思いを共有することの難しさを感じたようです。

この経験を活かし、障がいのある人達の理解者として、相手の心に寄り添える保育者になってほしいと思います。


在学生の方 卒業生の方 受験生の方 事業者の方